読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"まだ"の力 [基礎辞書]

学んだことを書いていきます。質問やエラーなどございましたらお気軽にコメントお願いします。

データを永久保存したい!そんな時はこれ!「NSUserDefault 」

NSUserDefault

アプリ開発をする上でゲームのスコアや、文字列を保存、取得しておきたいことありますよね。そんな時はこれ!
「NSUserDefault」これはアプリを閉じてもデータが保存されるのでゲームを作る上で必須と言っても過言ではないですね。
では使い方に移ります。

//保存したい配列を用意します。
        var status = ["attack", "defense", "speed", "cleverness"]
//NSUserDefaultのsetObjectを使って配列statusに鍵("STATUS")をかけて保存します。
        NSUserDefaults.standardUserDefaults().setObject(status, forKey: "STATUS")
        NSUserDefaults.standardUserDefaults().synchronize()
<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<script>
  (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
    google_ad_client: "ca-pub-1781507482769341",
    enable_page_level_ads: true
  });
</script>
<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<!-- はてな -->
<ins class="adsbygoogle"
     style="display:block"
     data-ad-client="ca-pub-1781507482769341"
     data-ad-slot="8244323717"
     data-ad-format="auto"></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

//ここまでで配列データの保存完了です。他のデータ型(DictionaryやString)だと少しコードが変わるので興味のある人は調べてみてください。
//あえてここでは取り上げません。
        
        //保存したデータの読み込み
        let status_print: AnyObject! =  NSUserDefaults.standardUserDefaults().arrayForKey("STATUS")
        print(status_print) //配列データが表示されていたら成功!

簡単でしたね!
まずは1つ覚えてそこから似た知識をくっつけていくと覚えやすいかなと思います。


今回は配列の保存を取り上げましたがググるとString、NSDate、Dictionary、Doubleなどの保存も出てくると思うので今回の事項を理解したら、必要に応じてネクストステップを踏んでいきしょう!